川崎市麻生区 渡辺クリニック 内科・人工透析・脳神経外科・デイケア(通所リハビリテーション)・訪問診療・訪問リハビリテーション


Q&A~よくあるご質問と答え~ [血液透析] [内科] [脳神経外科] [泌尿器科] [入院について]


血液透析に関するご質問と答え

 透析食では、エネルギーが大切だと聞きましたが、どうしてですか?また、どのように気をつければよいのでしょうか?

エネルギーが不足すると、体を作っている蛋白質がエネルギー補給のために分解されてしまいます。すると代謝産物である尿素やクレアチニン、カリウムなどの増加を促してしまいます。また栄養不良の状態で、抵抗力が低下したり、貧血などをおこしやすくなります。主食(ご飯)をしっかり食べ、油を使った料理を一品取り入れるなど、高エネルギー食にしましょう。また特殊食品(高エネルギー食品)などを利用するのも良いでしょう。
▲このページのトップへ
 透析食でのたんぱく質摂取について教えてください。

たんぱく質は体を作り維持するのに欠かすことの出来ない栄養素です。しかしたんぱく質を摂り過ぎると、リンやカリウムの摂取も多くなるため、良質のたんぱく質を必要量とることが大切です。良質のたんぱく質とは、私達の体に欠くことのできないアミノ酸を、バランスよく含んでいるたんぱく質です(鶏卵・肉・魚・牛乳など)。
1日に必要な目安(体重50㎏の場合)…豆腐1/5丁、肉類70g、魚介類70g、卵1/2個、牛乳100ml です。
▲このページのトップへ
 毎回の検査でカリウム(K)が高いと注意されています。高カリウム血症の症状と、上手なコントロールについて教えてください。

カリウムは身体にとってなくてはならない成分ですが、正常範囲が狭く(3.5~5.5mEq/ℓ)、6.0を超えますと要注意とされています。高カリウム血症では心臓の拍動の乱れから、ついには停止する危険があります。前兆として口唇のしびれ、手足のしびれ、手足の麻痺、胸が苦しいなどが現れます。このような症状が出た場合は、昼夜を問わず直ちに透析施設に連絡し、緊急処置を受ける必要があります。
次にカリウムのコントロールですが、食事療法がとても大切です。カリウム含有量の多い食品(果物・生野菜・ドライフルーツ)の摂取を控え、野菜は細かく切って水にさらす、茹でこぼすなどして調理しましょう。海藻類・種実類もカリウムが多いので気をつけましょう。
また必要であれば、食べたカリウムを腸管内で吸着して便中に排泄させる薬(カリメート・アーガメイトゼリーなど)を服用する場合もありますが、副作用の便秘のため服用できない方もいます。
▲このページのトップへ
 毎回体重の増加が多く、『塩分の摂りすぎではないですか?』といわれました。どうして塩分を多く摂ると体重が増加するのでしょうか?


塩分を多く摂ると、腸から塩分は吸収され血液中に入ります。そうすると血液中の塩分濃度が上がり、口渇中枢が働いて水分を多くとり、血液中の塩分濃度を正常に戻そうとします。腎臓が正常に働いていると、取り込んだ塩は水とともに尿中に排泄されますが、透析患者さんの場合尿を排泄できないため、体内にとどまってしまい体重が増加してしまうのです。またこのことは血管の中に水と塩がより多くとどまるため、血圧も上昇します。
減塩のポイントとして、酸味(酢など)香辛料(こしょう、わさび、からし、カレー粉、唐辛子)香味野菜(生姜、青じそ、青ねぎ、みょうが)を利用すると良いでしょう。
▲このページのトップへ
 麻生区多摩美に住んでおります。こちらへも送迎していただけますか?

多摩美までは当院から約7㎞ですので送迎可能です。曜日・時間など詳細については、直接お問い合わせください。
▲このページのトップへ
 透析を始めたばかりです。役所への手続きの必要はありますか?

先ず最初に、『特定疾病療養受療証』の申請をする必要があります。(自己負担分が0になる手続きです。)
最寄の役所(市役所・区役所など)の保健係で手続きが出来ます。
▲このページのトップへ
 透析しており、かなり体も不自由です。何か公的に利用できる制度はありますか?

「介護保険」というものがあります。市の介護保健課に本人又は家族が行って申請する必要があります(訪問看護・家事サービス・デイサービス・住宅改良の一部補助金制度など)。市の介護保健課で詳しい説明をしてくださいます。
▲このページのトップへ
 60代男性、現在都内在住で、透析治療中です。近く麻生区に引越し予定ですが、透析室の見学は可能ですか?

透析室の見学は可能です。来院日が決まりましたらお電話ください。見学できる時間をお知らせいたします。
▲このページのトップへ
 水分制限についてですが、透析を開始したら水分量は、食事の水分+飲水500~600mlと聞いた事があるのですが、病院等のHPで「水分の取り過ぎに注意」や「水分を制限しましょう」という表現で具体的に数字で何ml位と書いてある所は(自分が見たHPでは)ないようです。食事量も人により異なるため、飲水としての具体的な数値は決められないのでしょうか。 透析を受ける場合、水分量は食事の水分の他に、だいたいどれ位とれるものなのでしょうか。

体内の水分は下記のように動いています。
体に入る水分…食事に含まれる水分量(通常800~1000ml)・飲水量(お尋ねのところですよね)・代謝水(およそ200ml) *代謝水とは…体内で糖や脂肪がエネルギーとして使われる際に生じる水分  
体から出る水分…汗や呼吸(900ml)・ 尿(0~300mlくらいの方が多い)・便(100ml)
入る水分量 - 出る水分量 = 1日の体重増加量
次回の透析までの体重増加を3~5%以下にする為には、ドライウエイトが50㎏の方の場合、1.5~2.5㎏(1500~2500ml)が許容範囲です。
例)食事に含まれる水分1,000ml、飲水量700ml、尿量0mlの場合
入る水分量(1,000+700+200)-出る水分量(900+0+100)=1日の体重増加量900(0.9kg)
次回透析までの体重増加(中一日の場合)0.9×2日=1.8kg
上記の例題からお解りのように、次回透析までを1.8kgの体重増加とすると、1日の飲水量は尿量+700ml程度となります。
水分をたくさん採ると、そのぶん体重が増えてしまいます。
ご自身のドライウエイト・尿量などから、ご自分の飲水量を計算してみてください。
▲このページのトップへ
 カリウム抜きといいますが、どれぐらい湯でこぼしをしたらいいのでしょう?浸水時間はどれぐらいがいいのでしょう?

茹でる時間は、切り方、根菜・葉菜によって、またその後の調理方法によっても多少違ってきますが、葉菜の場合は通常の調理と同じでかまいません。
根菜の場合は3~5分茹でると、ある程度は抜けるようです(小さく切ればそれだけ抜けやすくなります)。茹で汁は一度捨て、新しい水を加えて調理してください。
浸水の際は、表面積が大きくなるよう細かく切ってください。当クリニックでは、1時間以上浸水しています。
▲このページのトップへ
 私の母は87歳で4年前から週3回の透析治療を受けております。自宅で透析が出来る方法があるそうですが、どのようなものですか、お教え下さい。


在宅にて透析する方法には、「腹膜透析」と「在宅血液透析」があります。
「腹膜透析」とは、内臓を覆う腹膜内に透析液を注入し、腹膜を通して液に老廃物をしみ出させる方法ですが、数年で機能が低下し、血液透析への移行を強いられているのが現状です。
「在宅血液透析」は透析施設で使われております人工透析機と小型の専用浄水機を自宅に置き、自由な時間に体調に合わせて透析をする方法です。
ただ問題は、透析が真夜中に及ぶこともあり、介助する家族の負担が大きく、現在全国でも患者数は100名程度です。
「日本在宅透析支援会議」のページで詳しくご覧になれると思います。
http://www.jshd.jp/
▲このページのトップへ


川越 糖尿病内科の皆川医院-トップページ-

川崎市麻生区 渡辺クリニック~内科・人工透析・脳神経外科・デイケア(通所リハビリテーション)・訪問診療・訪問リハビリテーション~

TOP医院案内診療案内当院までのアクセス血液透析について外来診療難治性腹水デイケア訪問リハビリテーション在宅診療Q&Aお問合せフォームプライバシーポリシーリクルート求人情報サイトマップ



Copyright(c) all rights reserved 2012- Watanabe Clinic